Orderbookからのニュースです。上げ相場でも下げ相場でも利益を出せます。 オーダーブックは2022年2月に、新しい先物取引戦略を開始することをみなさまにお知らせします!

Orderbookからのニュースです。上げ相場でも下げ相場でも利益を出せます。 オーダーブックは2022年2月に、新しい先物取引戦略を開始することをみなさまにお知らせします!

Orderbookからのニュースです。上げ相場でも下げ相場でも利益を出せます。 オーダーブックは2022年2月に、新しい先物取引戦略を開始することをみなさまにお知らせします!

 

Orderbookのフラッグシップ戦略(現物ビットコイン)は、非常に容赦のないビットコイン市場にもかかわらず、損失を抑え、お客様に安定性を提供することに成功しました。

2021年9月にビットコインが-24%下落した際、Orderbookは-1.7%の小さな損失を出しただけでした。

2021年11月から2022年1月まで、ビットコインは-50%下落しましたが、Orderbookは損失を-15%以内に抑えることができました。

ロングのみの戦略である以上、過去3ヶ月のような強い下落トレンドの際に損失が発生することは避けられません。 また、このような敵対的な状況下で、いかに戦略が強いかを示す絶好の機会でもあります。

Orderbookの銀行式マーケットメーキング戦略は、現在の下降トレンドの中で強固な戦略であることが証明され、お客様にも喜んでいただいています。 しかし、もしこの戦略が下降トレンドでも利益を出せるとしたらどうでしょう?

お客様の中には、ロングもショートもできる戦略を何ヶ月も前から求めている方もいらっしゃいます。 上昇相場でも下降相場でも利益を出せるような戦略が欲しい。 月10%のリターンは少なすぎる。もっと魅力的なもの、月30%から50%のリターンを実現できる可能性のあるハイリスク・ハイリターンを求めていらっしゃいました。

チームは彼らの要望を受け、2022年2月にOrderbookの先物戦略を開始することを発表することができ、とても嬉しく思っています。

新しい先物戦略は、現物ビットコインで現在成功を収めている銀行のマーケットメイク戦略に基づいています。 主な違いは、ビットコイン(USDT永久)の先物取引を行い、市場の状況に応じてロングまたはショートをすることができる点です。 レバレッジは、リターンを増幅するために利用されます。

この戦略は、暗号口座でより高いドローダウンを受け入れることができる、より高いリスク選好度を持つお客様にのみ提供される予定です。

Orderbookのチームは、非常にエキサイティングでやりがいのある2022年になることを楽しみにしています。

当社の銀行式マーケットメーキング戦略の詳細については、こちらをご覧ください。

https://orderbook.finance/2022/01/03/guide-to-how-orderbooks-market-making-trading-strategy-works/

現物取引と先物取引の違いを説明した動画はこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=AGmJQp_96Eo&t=35s

Related Posts